2017年 1月 07日

謹賀新年☆新春福袋🎶

カテゴリー: ハチミツ,今日の出来事 投稿:高橋 昭江

明けましておめでとうございます。
毎日、とてもスッキリと晴れ渡り、皆さま穏やかで健やかな新年をお迎えになられたことと存じます。
  
昨年は幾つもの賞などを頂き、少しずつ日本の皆さまにも、弊社のハチミツを知って頂く事ができました。
年末には、レザーウッドハニーがまた1パレット(およそ900kg)輸入が完了し、年間輸入量も3トンを超えました。
一重に、お客様皆さまにご愛顧頂いているお蔭だと、心より感謝しております。
 
また、あるリピーターのお客様から頂いたお年賀状には、他のご家族が皆ノロウイルスに感染して大変だった中、レザーウッドハニーを毎日食べ続けてくださっているそのお客様だけは、感染することなく無事にお過ごしだったとのこと。その威力を感じました。と。
そんな嬉しいお話しを幾つも伺うようになり、続けてきた甲斐があるな~と、新年を迎えるにあたり、つくづくと実感致しました。
   
その感謝の気持ちを、新春福袋にしてみました。 
1月末までですが、それぞれお買い得になっております。
  
A☆の福袋、その名も優美の福袋には、バラの香りとレザーウッドハニーがうっとりとするローズハニーや、新商品シドルハニーはパキスタンのナツメのハチミツも入れました。
このシドルハニーは昨年のハチミツフェスタでお隣のテーブルだった、ユーラシアトレーディングの栃元社長さまから、お譲り頂きました。
アラブの富豪達が買い占めてしまうため、日本にはなかなか入ってこない貴重品です。
食べるのは勿論ですが、肌によい成分がたっぷり入っているとのこと。わざわざ日本でも美肌成分の含有量を検査しており、エビデンスがしっかりとしています。

  
b 【【A☆優美の福袋】】
レザーウッドハニー180g(2484円)
ミドウハニー180g(2160円)
ローズレザーウッドハニー115g(2700円)
シドルハニー 50g(2376円)
税込み合計9,720円 → 税込み8,888円
ご注文はこちらから


a 【【B☆健やかな毎日への福袋】】
レザーウッドハニー600g(5378円)
ミドウハニー600g(4860円)
税込み合計10,238円 → 税込み8,888円
ご注文はこちらから
  
まだまだ砂糖の代替品としての甘味料として、ハチミツをとらえていらっしゃる方が多い中、私はハチミツは天然のサプリメントだと思っています。
ビタミンC、をはじめ、皮膚の健康維持になるビタミンB2(リボフラビン)、B3(ナイアシン)、B5(パントテン酸)、B6(ピリドキシン)などなど。
ハチミツのビタミンの92%は活性型ビタミン。人工的に作られたビタミン剤などは沢山とらないと、意味がないのに比べ、とても効率よく、摂取できる上、果物や野菜等は貯蔵中にビタミンの含有量が減っていくのに、ハチミツの中のビタミン量は時間が経っても減少率は少なく、とても安定しています。

他にも、ミネラル各種、20種以上のアミノ酸類や有機酸。グルコン酸はハチミツ酸と言われるほど、ハチミツの中には多く、善玉腸内細菌の増殖に役立ちますので、ハチミツは便秘にも下痢にも有効、と言われています。
酵素も80種以上含まれてますし、その中のグルコースオキシターゼは、グルコースを分解して過酸化水素を作ります。これが、ハチミツの殺菌力の元になり、喉の疾患など、呼吸器系の病原体の増殖を抑えてくれるのです。
また、美白美肌効果も期待できます。
  
その他ローヤルゼリーにだけ含まれているという、アセチルコリンや類パロチンなどもハチミツには含まれており、これは若返りのホルモンと言われ、美容にも、そして、認知症予防にも注目されている成分です。
  
これらを毎日、無理なく、美味しく頂けて、気が付いたら、病気知らずの身体になっている!それがハチミツです。
世界一空気のきれいなタスマニア島の、安心して食べられるハチミツ、だからこそ、毎日食べ続ける事ができるのだと確信しております。。
ですので、とってもお得な大瓶は、ご家族皆さまで、毎日の健康管理に食べて頂けるよう、お値段もぐっとお得にしております。
それを、更に、新春ならでの更にお得なお値段でご提供させて頂きます。

c 【【C☆気分に合わせて愉しむハチミツライフの福袋】】
レザーウッド180g2484円
ミドウハニー180g2160円
シドルハニー140g4860円
税込み合計9,504円 → 8,888円
新商品のシドルハニーを食べて、塗って、使って頂くための、福袋。
ご注文はこちらから


また、昨年春から取り扱いを始めたロシアのリンデンハニー。大好評で、在庫もあと180gを25本ほど残す所となりました。
取引先の事情により、こちらの商品はこの在庫を以て、弊社取り扱いは最後となります。
お見逃しなく!!!

コメント(0)

2016年 12月 27日

クリスマス☆2016

今年も沢山の方から、大切な方へのプレゼントとして、私のハチミツ達をお選び頂きました。
本当に嬉しいです。送られる方の気持ちがちゃんと届くように丁寧にご用意致しました。
『美味しさと一緒に、笑顔と健康、そして幸せが、手にした方に溢れますように』、と。
クリスマスイブには、32個のゆうパックを発送させて頂きました。ありがとうございます。
 15621893_1318070118256417_2714072702553525087_n   
そして、我が家のクリスマスは・・・。

ハチミツ発送32個を終えてから、夕方5時半から買い出しに。
『ケーキは何作るの?』と次男に聞かれて、『まあ、今日は(サンタさん来るから)早く寝なきゃいけないから、明日にしよう』とお茶を濁したら、ティラミス作ってあげるよ、と次男。
材料をさっさとカゴに入れるので、『じゃあ、こんなデコレーションにしたら?』と言ったら、オッケーと。一昨日アップされた、木村 幸子先生のトナカイちゃんが見本です。

15726963_1318379361558826_722757261571500992_n
早速帰ってから、ほぼ一人で作ってくれました。
かなり、つまみ食いしてたけど。

レザーウッドハニーを使って、生クリームとマスカルポーネを合わせるととっても美味しくて、エスプレッソに浸したクッキーを重ねていきます。
そして、今回は、生クリームに生活クラブのチョコレートを湯煎して、混ぜ合わせ、デコレーション☆
これも全部、次男ひとりでやりました!
 
15665590_1318379568225472_7790640824677533525_n   
え?クマさんみたい???
って言わないで〜〜。トナカイさん、サンタさんと一緒にくるはずだから。
  

そして、そんな次男の所に、サンタさん、来年の運動会の鼓笛でトランペットデビューする噂を聞きつけたらしい。
そう、2016次男へのプレゼントに、サンタさんかなりいい音のでるトランペットを持ってきてくれました♡

野球のバットか、漫画ダイアのエースをリクエストしてたけど、次男大喜び♡
  
15747917_1319014324828663_6785935499132662050_n   
 そんな次男が私にくれたサプライズプレゼントは、こんなにかわいいワンコのスリッパ。

次男ネタばかり、親バカでごめんなさい。
もうトランペットの音色にキュンキュンしてます。
  
皆さまも素敵なクリスマスをお過ごしだったと思います。
今年も残りわずかとなりました。
ハチミツ食べて、大掃除頑張りましょうね!!!



  

コメント(0)

2016年 12月 18日

ローズレザーウッドハニーのご紹介

カテゴリー: ハチミツ 投稿:高橋 昭江

クリスマスはもう来週。1年間頑張った自分に、またはいつも頑張ってくれている奥様に、とびっきりのプレゼントは決まりましたか?
  
blue-river   
レザーウッドハニーにオーガニックエディブルローズを漬け込んだ、ローズレザーウッドハニーは、特別なプレゼントにピッタリ。
無農薬、無化学肥料で育てられた、横田園芸さんのブルーリバーをたっぷりと漬け込みました。

エレガントな香り、食べる香水と言われるレザーウッドハニーに、官能的なブルーリバーの香りが足されると、魅惑的で、気持ちまで高揚させてくれる、そんな香りのハチミツになってしまうのです。
  
バラの栽培と言えば、大量の農薬がつきものだったりするのに、横田さんは、害虫の天敵を利用したり、でんぷんや水飴、重層などを活用して、自然のままで、バラ本来の力で十分キレイに花を咲かせられる、ということを実践されていらっしゃいます。ビニールハウス内では、バラの害虫の天敵が寄って来るピーマンが一緒に栽培されているそうです。
横田さんのブログを見ると、かわいいアマガエルちゃん達がいっぱい登場します。この子達も大切な仲間だそう。
横田さんのブログ
  
ブルーリバーの香りにほろ酔い気分のかえるちゃん
160713_0631~02
仲良くて微笑ましい~♡  
15267886_1198142103615111_9025819342425209215_n
  
プレゼントには、ブラック×ピンクでラッピングさせて頂きます♡  
ご注文はこちらから

dsc00895

コメント(0)

2016年 11月 18日

『湘南小麦パン祭り』他のお知らせ

カテゴリー: ハチミツ,今日の出来事 投稿:高橋 昭江

私もハチミツを持って出店&お手伝いに伺います♪
お問合せは麦踏塾、もしくは、私へどうぞ~。

以下、麦踏塾協議会 フェイスブックページより抜粋します。

【 湘南小麦パン祭りのお知らせ 】

14484791_222832294798186_1387757798676479968_n
日時:11月23日(祝)12時~15時 参加料:無 料
会場:東京農大「食と農」の博物館 1階
→ http://www.nodai.ac.jp/syokutonou/info/info.html

内容 ① 湘南小麦パンの販売 ≪ 協力予定店 ≫
パーラー江古田、カタネベーカリー、ル・ルソール、ラ・テール、
ポワンタージュ、ムールアラムール、ガーデンハウスクラフツ、
パンとチーズ fumoto 、ほか

内容 ② シェフ達との交流トークショー
日時:同日、14時~15時
会場:同会場、特設ステージ
参加料:無 料
出演者:調整中、随時 Facebook にて発表します!
その他イベントのご紹介はこちら → http://mugifumi.com/

最近あちこちでパン祭りが開催され、にぎわっている様ですが
「湘南小麦パン祭り」は、おいしいパンの販売イベントだけで
なく国産小麦の価値啓蒙を目的とした、小麦畑での農業体験や
神奈川県産の小麦を使ってパンを焼いてくださるシェフの皆様と、
そのパンを食べて国産小麦を応援して下さる消費者の皆さんとの
交流の場として、新しいチャレンジを続けて行きたいと考えています。これからも湘南小麦を応援のほど、よろしくお願いします。
  
14632929_1035564759887823_7108665796012559420_n

コメント(0)

2016年 11月 18日

ガイアシンフォニー第8番上映会&演奏会

カテゴリー: 今日の出来事 投稿:高橋 昭江


『津波ヴァイオリン』ってご存知ですか?

私のヨガの師匠、龍村修先生の実兄、龍村仁監督の8作目の映画、地球交響曲ガイアシンフォニー第8番の上映会を地元秦野にて行います。
上映後、8番に出演されている中澤宗幸氏トーク、中澤きみ子さんコンサートと続き、夕方からは、中澤ご夫妻を囲んでの懇親会もございます。
ストラディバリウスと津波バイオリンの音色を是非聞きにいらしてください♪ 問い合わせは私で結構です。
  
13615363_818292138306390_7977273257730614430_n
ガイアシンフォニーはだの上映会は、龍村修先生に呼吸法を学ぶ会の仲間たちで、毎年、映画ガイアシンフォニー(地球交響曲)の上映会を行っています。
昨年は、第8番の登場される、『NPO 森は海の恋人』副理事長 畠山信氏、一昨年は、第7番に登場される、エコプラス代表、早稲田大学客員教授、高野孝子氏に講演にも来ていただいております。
  

以下、地球交響曲第8番ホームページより抜粋
『樹の精霊の歌を聴く ──ストラディヴァリウスと津波ヴァイオリン』

17世紀のイタリアに、「樹の精霊」の歌声を聴くことのできたひとりの天才的ヴァイオリン製作者がいました。アントニオ・ストラディヴァリ、彼が90年の生涯をかけて作った至高の名器「ストラド」は、300年間世界の名演奏家達に愛され、弾き続けられ、21世紀の今もヴァイオリニスト達の垂涎の的です。ストラドはなぜ300年間も現役の名器として生き続けることができたのか?

その謎に答えることのできるひとりのヴァイオリン製作者が21世紀の日本にいます。

中澤宗幸、愛称ムーニー、兵庫県生まれ、72才、今ストラドを所有する世界の名演奏家達が、挙(こぞ)って彼の下を訪れ愛器の修復や調整を依頼しています。

彼がこんなことを言っています。
「ストラドは単なる楽器(モノ)ではありません。魂を宿した有機体・すなわち生き物です。生き物である限り身体(からだ)は必ず老いてゆきます。しかし、魂=樹の精霊は、歴代の名演奏家達が奏でた音魂を記憶し続けています。その音魂の記憶が、21世紀の秀れた演奏家と出会い、新たな美しい音楽として甦えることを願って私も修復・調整しています。ストラディヴァリは、樹の精霊の声にしたがってストラドを作ったのですから。」

3.11大震災の日、中澤さんは東京の工房で、一台のストラドの修復作業の途中でした。想像を絶する宇宙的な力に依って、一瞬の内に崩壊してゆく人間の日常生活と生命の営み。その映像を前に茫然自失の日々が続きました。そんなある日、陸前高田の「奇跡の一本松」と破壊された民家の木材が「瓦礫の山」としてテレビに紹介されました。

その映像を観ていたヴァイオリニストのきみ子夫人がこう言いました。
「お父さん、あれは単なる瓦礫ではありません。永年、家の柱や梁として人と共に生きて来た記憶を持っています。あの木や奇跡の一本松を使って新しいヴァイオリンが作れないかしら。」

中澤夫妻は今、NPO法人「命をつなぐ木魂の会」を立ち上げ、津波ヴァイオリンとストラディヴァリウスを使った連続コンサートを続けています。彼らもまた「樹の精霊の歌」を聴くことのできる人なのでしょう。

コメント(0)

« Prev - Next »