2015年 6月 22日

初☆採蜜

カテゴリー Bee Keeping (,ハチミツ

高野山1200年祭のブログも書く予定が、すでに1か月が経ってしまいました。

その間、我が家の庭のミツバチちゃん達は、せっせと、せっせと働いてくれて、蜜を集めてくれました♪
見てください!この完熟ハチミツ。

11140300_933536553376444_8100840514132583705_n

ミツバチ達は、ハチミツの元になる花蜜をいろいろな草花木から集めてきて、体内で酵素などを加えてハチミツに加工合成、巣に蓄えます。

この時点のハチミツはというと、水分がかなり多く水っぽいので糖度も低いです。

これから、ミツバチ達が羽を羽ばたかせて風を巣に送り、水分を飛ばし始め、熟成させていくのです。

そして、徐々に糖度も上がり、最終的にはミツバチ達の永久保存食というか、本当の意味でのハチミツが完成した時には、ミツバチが自ら作り出す、蜜ろうによって、巣に蓋をするのです。その名を『蜜蓋』

養蜂家先人達による解説本は、蜜蓋のかかった所が3割程あれば十分とされています。
が、ご覧ください!なんとこの巣枠は全て蓋がかかっています!完熟中の完熟です。


そして、ついに、先週水曜日、6月17日に初めての採蜜をすることができました!

リアルハニー

完熟まで待ったものだけ採取したのですが思いのほか、サッラサラで、夏にぴったりの爽やかな蜜でした。
早速、初出店した大磯市で、試食販売したのですが、それはもう大好評で、持って行った10本、完売でした。

思い起こせば、去年8月に捕獲してから師匠が手塩にかけて育ててくれてました。
砂糖給餌を全くせず、
色々な工夫を凝らし、ダニ剤などの薬物投与も一切してません。

ちゃんと、ミツバチちゃん達の分の食料=ハチミツは残して、お裾分け分を頂いた、正に自然からの贈り物、
  
プレミアムハチミツです✨🍯✨
非加熱生ハチミツであるのは当然です。
でも、繰り返し言いますが、砂糖給餌、薬剤不使用のハチミツは、日本ではとても珍しいです。
  
日本の養蜂は、まだまだ、白砂糖水をミツバチに与えて、本来、ミツバチが食べるはずであった、ハチミツを採取してしまう方法です。
ミツバチが冬眠する間、ミツバチの食べ物(本来はハチミツです!)がないから、と白砂糖水を与えます。
また、群を強くするために、白砂糖水を与えてしまうのです。
料理に黒砂糖さえも使わない私にとって、白砂糖水を与えたミツバチが作り出すハチミツを食べる気にはなりません・・・。
  
もちろん、この素晴らしい自然養蜂は、私が一人で出来るわけでは全くなく、私の師匠が研究しながら、実践している方法です。
あは、ほとんど、全部、師匠がやってくれています。まだまだ私は見習い人にも達しておりません。

でも、普段から添加物フリー、手作り食生活をしている私が、安心して子供達に食べさせたい、本物のハチミツなのです。

なので、会社名リアルフードに銘打って、『リアルハニー✨🍯✨』
  
私にとって、とても貴重な、とても愛おしいハチミツ♪♪♪
なので、私の恋した、レザーウッドハニー&ミドウハニーを買ってくださった方に、更に元気に、美しく、健康になって欲しいので、8000円以上お買い上げの方、先着20名さまに、このリアルハニー50gをプレゼントしたいと思います。

レザーウッドハニーとも、ミドウハニーとも全く違う味わいの『リアルハニー』
弊社のホームページでもご購入頂けるよう、ページ&カートの設置をしたいと思います。
  
日本では珍しい、プレミアムな作り方をした、国産ハチミツをデビューさせます! どうぞ、よろしくお願いいたします。

  

コメント(0)

コメントを残す